これまでの方法でトラウマを克服することができない2つの理由とは?

NER(Negative Emotion Release)

トラウマはツラいですよね。

 

過去にできた出来事の記憶が邪魔をして、やりたいと思ったことができません。
 

  • 良好な人間関係を築こう
  • 仕事やスポーツで良い成果を挙げよう
  • 充実した恋愛がしたい

 
このように思っても、トラウマが原因となって思うようにいきません。

それが分かっているから、

トラウマを克服しようと思い、

その方法を調べて試してみます。

 

しかしなかなかトラウマを克服することができません。

 

  • なぜできないんだろうか?
  • どうすればいいんだろうか?
  • 誰にでも出来る確実に克服できる、簡単な方法はないのだろうか?

 

 

こういった疑問に答えます。

この記事はNERSIBプログラム開発者の私、大川が解説しています。

(➡プロフィールを見る


中学生の時のキツいイジメに遭う
 
➡以来、「トラウマ、引きこもり、抑鬱」等、種々の問題を経験する。
➡社会人になりトラウマを克服しようと、NLP、催眠を始め様々なことを学ぶ
➡気がラクになるも、根本は克服できない。

➡ある時、世界権威が開発したマイナス感情克服法に出会う。
➡一国の心理学会長までもが絶賛するその方法を学ぶと決意。
➡それを学び一生涯のマイナス感情全てを、1日足らずで解消できた
➡日本にこの方法を広めようと、NERSIBプログラムを開発
 
➡現在に至る

トラウマを克服することができない2つの理由

トラウマを克服できない理由はいたってシンプルです。
それは

 

  1. マイナス感情の役割を無視しているから
  2. ゲシュタルトを処理していないから

 
です。

トラウマを克服できない理由①:マイナス感情の役割を無視しているから

マイナス感情の役割については別記事で説明しているので、そちらをご参照ください。
 

トラウマを克服できない理由②:ゲシュタルトを処理していないから

ゲシュタルトとは何か、分かりやすく別記事でご説明していますので、そちらをご参照ください。

トラウマを克服する簡単な方法とは?

トラウマを克服する方法はいたってシンプルです。
それは、トラウマを克服できない理由をそっくりそのままひっくり返せばよいだけです。
つまり、

 

  1. マイナス感情の役割を尊重し、学びを学び取ればいい
  2. ゲシュタルトをまるごと根こそぎ処理すればいい

 
ということです。

ご興味がある方は、ご覧頂き、学んでいただければと思います↓


NERSIBプログラム(初級編)

コメント