ゴールとヴィジョン

未分類

ゴール(NER)

「イヤな記憶、ネガティブな過去、負の感情」を
全てたった1日で解消できるタイムラインの技術。

これを日本全国に広めることで、
「自殺者・鬱・引きこもり/いじめゼロ」の社会を実現したい。

概要

何年も・どの精神科医でも治療できなかった、あらゆる精神疾患をたった数回のセッションで完治させる天才セラピスト達。

その手法を体系化したNLPの応用版であるタイムラインの技術。

心理学の知識ゼロの何十万人の素人が、あらゆる負の感情を手放してきた欧米における圧倒的実績。

この手法を日本全国に広めたい。

このプロジェクトで実現したいこと

タイムラインの技術を世に広め、普及することで下記を実現したい。
 

  • いじめやトラブル等、ありとあらゆる出来事を起因とした、「トラウマ、ストレス、自信喪失、不安、イライラ、鬱、怯え、恐怖症」を初めとし、「ショック、悲しみ、怒り、罪悪感」等の負の感情で悩む人達を救うこと。
     
  • 些細なことで負の感情を感じることがないように、「心の起爆スイッチ」を全て解消し、手放してもらうこと。
     
  • 何故負の感情が発生するのか、その役割と発生の仕組み、さらには負の感情を根こそぎ解消・リセットする方法を学んでもらうこと。
     
  • 通じて、現在抱える負の感情で悩んでいる人をゼロにすること。
     
  • また将来経験するかもしれない負の感情に囚われず、すぐに乗り越えるツールを提供すること。
     
  • 以上を通じて、ネガティブな感情を起因とする「自殺・鬱・引きこもり/いじめ」をゼロにすること。
     
  • 過去の出来事を起因として抱えるあらゆる下記のようなを悩みを解消してもらうこと
    • 「人間関係を上手く築けない」
    • 「いつも恋愛が破局に終わる」
    • 「仕事で成果が上がらない」
    • 「いつもお金が足りない」
    • 「健康上の問題を抱えている」
       
  • 「ハイパフォーマンスや、高い目標・ゴールの容易な達成」を阻害する心理的要因を学んでもらうこと。
  • ネガティブなセルフイメージやメンタルブロックを自身で解消する方法を学んでもらうこと。
  • そして生涯に渡り蓄積してきた感情が、ゴールの実現・非実現にどのような影響を与えているかを学んでもらうこと。
  • 通じて、極めて高い目標・ゴールでも次々と加速度的に達成してもらうこと。

ビジョン

これが実現できた時に、どのような社会になっているか。

  • 悩み、傷つき、苦しんでいる、しかしそれを必死に見せずに陰で涙を流している息子や娘がいなくなります

    ― 悲しみを手放し経験から学ぶ術をマスターしているからです。

  • 自分の子供が陰で泣いているのに助けることができず、親としての素質を疑い悩む親がいなくなります

    ― 救う術をマスターしているからです。

     
  • 昔バカにされた怒りを糧に、「将来成功して見返してやる」と誓った経営者。(某実力派コンサルタントが提唱する)その「怒りの経営」による必然の悪影響に悩み、「従業員が思うようにならない」と悩む経営者がいなくなります

    ― 抑圧された怒りが見えない悪影響を生んでしまうことを知っており、その怒りを手放しているからです。手放し方を知っているからです。

  • 売上至上主義の経営陣からの圧力に潰されそうな中間管理職。感情的にならず、冷静に部下に指導してあげたい。そう思いながらも、つい感情的になり、怒りがこみ上げる。そしてパワハラとも疑われかねない行き過ぎた指導を部下にしてしまう。アンガーマネジメントを学んでいるにも関わらず、その悩みから抜け出せない上司がいなくなります

    ― 怒りはマネジメントするものではなく、「学び、手放すもの」と知っているからです。「心の起爆スイッチ」を手放し、怒りのスイッチがオンにならない安定した心を手に入れているからです。

     
  • 極めて優れた同僚と比較され、怒りやショック、そして嫉妬に悩み、自分のペースで着実に前進出来ずに悩む同僚がいなくなります

    ― 負の感情を手放し、感情のパワーを目標達成への爆発的な力へと換える方法を知っているからです。

     
  • 会社のストレスをそのまま持ち帰り、妻につい八つ当たりしてしまい、日々悪化する夫婦関係に悩む夫がいなくなります

    ― ストレスを3分で手放すことができるからです。

     
  • 夫からの叱責に悩み悲しむ妻がいなくなります

    ― 悲しみを手放し、悲しむ代わりに、どうすれば双方良好な関係を築けるようになれるかという学びを体系的に得ているからです。

     
  • 「夫婦関係の悪化が子供の病気に直結している」という心理学の研究結果が事実なら(事実なのでしょうが)、それを起因とする子供の病気がなくなります

    ― 良好な夫婦関係を阻害するありとあらゆるネガティブな感情がリリースされているからです。

     
  • 《ストレスは弱い方向へと流れていく》という言葉通り、家族の間で子供へと流れ着いたストレスは、学校でイジメへとつながる。そしてそのイジメがなくなります

    ― 怒り、悲しみ、恐怖、ショックや寂しさといったストレスを手放す方法を子供が使っているからです。

     
  • 例えイジメが存在し、起こってしまったとしても、イジメを受けた子供が、「鬱、抑うつ、躁鬱、引きこもり、対人恐怖、ひいては自殺」といった悪影響に悩まなくてすみます

    ― イジメを受けた当本人が、被害者意識で悩み続けるのではなく、それらの感情を手放し、二度とそのような悲しい出来事が起こらないようにするためのポジティブな学びを得る方法論を使いこなしているからです。

     
  • 本当はこれからもずっと関係性を続けていきたいのに、相手に言われた些細な一言に対する怒りやショックを引きずって関係が破綻してしまったと悩む友人関係、恋人関係がなくなります

    ― 互いに謝り、許し、負の感情を手放し、未来の互いの素晴らしい関係性を再び築くことができるからです。

     
  • 過去の失敗や大きな情動体験がベースとなり、好パフォーマンスを発揮できなくなったイップスに悩むスポーツ選手。或いは同様の理由で、仕事の生産性が著しく低下したと悩む人がいなくなります

    ― それらは全て情動優位(扁桃体優位)のIQが低い状態(いわゆるバカの状態)であることを理解し、情動を手放し、前頭前野が優位の状態(いわゆるIQが高い状態)へと戻す方法を理解し、実践しているからです。

     
  • 陰口の言い合いや、イヤイヤ働く人が減り、心からやりたいこととしてその職業に就く人が増える。目の前のお客様の笑顔を糧として働く人が増えるため、顧客満足度とリピートが自然に増え、そして売上アップが至極必然になります

    ― 陰口の言い合いや、イヤイヤ働くことの最大の原因=セルフイメージの低さ。セルフイメージの低さの最大の原因=過去のネガティブな情動記憶をリセットし清算する方法を誰もが知っているからです。

 

他にも、このような社会が実現されています。
 

  • ネガティブな感情・記憶の解消の仕方を学ぶことで、暴力や殺人の加害者、そしてそれによって傷つく被害者がいなくなります。
     
  • 悪口陰口を言う人、イライラを八つ当たりする人がいなくなります。
     
  • それにより嫌われて、結果的に寂しい想いをする人がいなくなります。
     
  • アンガーマネジメントの必要性すらなくなります。
     
  • 「心の起爆スイッチ」だらけで、本当に些細なことでイライラ・ストレスを感じてしまう人がいなくなります。
  • 怒りの経営がなくなります
    →(顕在、潜在に関わらず)大小様々な従業員の心身の悪影響なくなります
    →家庭環境も改善されます
    →子供の病気も減ります。
     
  • (意図的/過失に関わらず)人の言動で傷つき悩み苦しむ人がいなくなります。
  • 悲しみを引きずり身動きが取れず、未来に向けて前進できない人がいなくなります。
  • 鬱、躁鬱、抑鬱、自傷、自殺がなくなります。
  • 投薬という対症療法では意味がないと知りながらも、その場しのぎの薬に依存し、抜けられない人がいなくなります。
  • 対人恐怖症、高所恐怖症、閉所恐怖症、PTSDなどに悩み苦しむ人がいなくなります。
  • 自分の言動で愛する人を傷つけ破綻した関係、それに後悔し自責の念に悩む人がいなくなります。そこから学び取り、将来の人間関係の糧にできるようになります。
  • 虐待・性的虐待・DVなど各種の暴力によるトラウマ的経験に囚われ、自分が望む未来を築けないと悩む人がいなくなります。
  • 未来の目標やゴールに向けて進みたいが、不安や恐怖で動けない人、前進することができない人がいなくなります
  • 扁桃体優位ではなく(感情の抑圧にエネルギーを使うのではなく)、前頭前野優位の情報処理に戻すことができるようになり、創造性と想像性にエネルギーが消費されるようになり、知的生産性が劇的に向上し、社会全体が良くなります。

支援・同志・協力者 募集中

このNERプログラムを学ばれた方は、本プログラムが上記のような社会の実現を、確実かつ急速に推し進めてくれることに、深く気づかれたのではないでしょうか?

そして、
 

  • 未だこれを学ばれていない方、
  • 今から学ぼうという方、
  • 既に学んだけど、このような社会の実現がそんなに早く可能なのだろうか、と未だイマイチピンときていない方、

 
等、様々だと思います。
そして、今は未だ、それはムリもありません。
それどころか、「ムリだ」という声も聞こえてきそうです

しかしきっと、
 

  • ヘンリー・フォードも、
  • ライト兄弟も、
  • ビルゲイツも、
  • グラハム・ベルも

 
皆同じような声を耳にしてきたんでしょう。
或いは疑念に満ちた表情に出くわしてきたのではないでしょうか?
しかし、
 

  • 車も
  • 飛行機も
  • パソコンも
  • 電話も

 
今、我々は毎日、当たり前のように使っています。
そしてきっと彼らは、
ほんの何十年か前までは
 

  • 「そんなこと無理に決まっている」
  • 「あいつらペダルを漕いで空を飛ぼうとするなんて頭イカれたんじゃないか?」
  • 「何夢見てんだよ」

 
と言っていた人たちを片目に、毎日欠かさず前進し、
そして単なる空想を実現したのではないでしょうか?

そして20年前は当たり前でなかった
FacebookやYoutubeを
今の小中学生を初め、ありとあらゆる人達が当たり前に使っています。

それと同じように、
今はまだ当たり前でない
NERの技術を
今の小中学生を初め、ありとあらゆる人達が当たり前に使う

そんな世の中があっても良いのではないでしょうか?

そして協力者がいればいるほど、その実現を一日でも早めることができるのはいうまでもありません。
ですので、私が希望している下記のようなご協力をいただける方は、是非、コメントメッセージいただけますでしょうか?

  • シェア・拡散(たったワンクリックのシェアだけでも本当に助けになります!)
  • HP作成関連
  • 動画作成関連
  • プログラム・コンテンツ作成関連
  • コンテンツ作成関連
  • 資金
  • 人脈

 
或いは上記以外のことでも構いません。

「私のこのスキル●●に使えるんじゃないかな?」というものがあれば、是非コメントメッセージいただけると幸いです。

皆様の、応援・賛同・協力の声を聴くことほど、私の仕事に情熱とやりがいを与えてくれるものはありません。
どのような些細な事でも結構です。今後、さらに活躍・邁進できるよう、応援の意味も込めて、率直なご意見・ご感想を含め、メッセージお願い致します。







    コメント