何故イライラ解消を最短確実にできないか?従来の方法論の落とし穴

イライラ

イライラに悩み、各種の悪影響から「イライラを解消したい」と願っている人は何故なかなかイライラを解消できないんだろうか、と悩んでいるかもしれません。
 
或いは、巷に溢れた様々な方法論を試したことがあるものの、なかなか上手くいかなかった人もいるかも知れません。
 
それもそのハズ。
 
「理にかなっていて効果的な方法論」が出回っている一方で、残念ながら「非常に非効率で効果が薄い方法論」があることも事実です。
 
そこでこのページでは「何故イライラを解消できないのか?」「従来の方法論に隠れた落とし穴とは何か?」について解説します。
 
最短確実でイライラを解消できるようになりたい人は必見です。
 

このページの執筆者(大川)の自己紹介


  • 中学生の時のキツいイジメに遭う
  • 以来、「トラウマ、引きこもり、抑鬱、対人恐怖症」等を経験する。
  • 克服を試み色々試すも、根本は克服できず、10年近く悩む。
  • 一方で、毎日何度もイライラし、心臓付近に軽い痛みが伴うまでに至る。
  • ある時、世界権威が開発したマイナス感情・記憶克服法に出会う。
  • 「世界一の方法だ!」と、一国の心理学会長までもが絶賛するその方法を学ぶと決意。
  • それを学び生涯悩んできたトラウマ・恐怖症等が半日足らずで完治克服できた。
  • くしくも、その方法論でイライラも一切合切消えた。
  • 今では一月に1回イライラするかしないか、と平穏になる。
  • 日本にこの方法を広めようと、メンタルクリアプログラム©(MCP©)を開発 
  • トラウマ克服、恐怖症克服、イライラ解消等を含む何十人もの精神的問題を解決してきた。
  • 現在に至る

イライラを解消できない理由1.正しい方法を学んだことがないから

イライラ 解消

私が常日頃からお伝えしていることがあります。
 
それは「正しい方法を体系的に学んだことがなければ、出来るかどうかは運次第」ということです。
 
例えば義務教育やその他で学んだことがある下記のようなモノゴトを、一度も学んだことがなければどうなるでしょうか?
 

  • 日本語の読み書き
  • 四則演算
  • キーボードのブラインドタッチ
  • 車の運転
  • 住宅の営業、家の設計、会社の経理

 
もちろん出来るようになるかどうかは分かりません。
 
出来るものもあるでしょうし、出来ないものもあるでしょう。
 
出来る人もいるでしょうし、出来ない人もいるでしょう。
 
いずれにしても、「絶対にできる」と言い切ることは出来ないのではないでしょうか?
 
つまり「正しい方法を体系的に学んだことがなければ、出来るかどうかは運次第」ということです。
 
さて、イライラの解消の仕方をこれまで何かしら調べて学んだことがある人は一旦さておき、学んだことがない人はどうでしょうか?
 
残りの生涯死ぬまで、解消ができるようになるでしょうか?
 
「運次第」じゃありませんか?
 
つまり、学ばなければ、出来るかどうかは運次第です。
 
そしてもし学んだことがなければ、「だからイライラを解消できない」ということになります。
 

イライラを解消できない理由2.抑えよう・コントロールしているから

イライラ 解消

イライラの解消の仕方をこれまで何かしら調べて学んだことがある人はどうでしょうか?
 
学んだものの「なかなかイライラを解消できません」という人も多いのではないでしょうか?
 
それは何故でしょうか?
 
それは「イライラを抑えよう、コントロールしようとしているから」です。
 
イライラは抑えるものではありません。
 
ましてやコントロールするものでもありません。
 
解消するものです。
 
何がどのように違うのでしょうか?
 
次のような例え話を出してみましょう。
 

目の前に水の入ったやかんがあります。
 
そしてある出来事によって火が付き、瞬く間に沸騰します。
 
そしてその沸騰による熱い湯気で迷惑を被っています。
 
その熱い湯気があまりに支障になるので、フタをしてなんとか抑え込もう(抑圧しよう)とします。
 
そしてやかんの中の圧力が高まります。
 
このままフタをしていると、やがて爆発します。
 
爆発するとその破片で怪我をします。
 
だからやかんの空気口をいじり、湯気の出口をコントロールしようとします。
 
被害が少ない方向に湯気が出るようにコントロールしようとします。
 
そうこうしている内に、別の人がやってきて言います。
 
「火を消したら良いんじゃないの?」
「中の水(熱湯)を捨てれば良いんじゃないの?」
「原因を解消すれば良いんじゃないの?」

 
イライラを始めとしたマイナス感情は「抑える・コントロールするもの」ではありません。
 
「解消するもの」です。
 
水(熱湯)を捨てて解消してしまえば抑えるものは既にありません。
 
コントロールしようとする必要性もなくなります。
 
しかし何故か巷の方法論は、水(熱湯)はやかんの中に入れたままにしておき、その上で抑えよう、コントロールしようとします。
 
しかし繰り返しになりますが、そんなものは捨てて解消してしまえば抑えたりコントロールする必要がありません。
 
しかし解消しなければ、「一生抑えたりコントロールし続ける努力が必要」になってしまいます。
 
これがイライラを解消できない理由です。
 

イライラを解消できない理由3.三流の方法を実践しているから

イライラ 解消

イライラを解消できない次の理由は前項と少し似ていますが、「三流の方法を実践しているから」です。
 
私が常日頃からお伝えしていることがもう1つあります。
 
それは「世の中のありとあらゆる方法論(or人)は全て1流2流3流がある」ということです。
 
1流2流3流の定義は次のとおりです。
 

  • 1流:驚くほどの成果を上げる方法論(人)
  • 2流:まぁまぁの成果を上げる方法論(人)
  • 3流:ほとんど成果しか上げない方法論(人)

 
そしてもしこれまで実践してきたけどなかなかイライラを解消できない、といった場合それは恐らく方法論が3流なのでしょう。
 
「私が悪い」「私が使いこなせていない」「私のセンスが無いんだわ」という人も中にはいるようです。
 
もちろん「その可能性は一切ない」と100%否定できるものではありません。
 
実際に「指示通りに実践しているかどうか」は議論の余地があるでしょう。
 
しかしどれほど「指示通りに実践した」所で大した成果が上がらない方法論があるのは事実です。
 
そういう意味ではもしかするとあなたが選んだその方法論は3流のものだったのかもしれません。
 
或いは3流とは言わずとも、もっともっと良い1流の方法があるかもしれません。
 
その点、「私はイライラ解消はできないんだ」と諦めるのはもったいないので、もしそのように考えているのであれば改め直したほうが良いでしょう。
 

イライラを解消できない理由4.イライラの本質にアプローチしてないから

イライラ 解消

では確実に、絶対にイライラを解消できる方法は、何が違うのでしょうか?
 
1流の方法論と3流の方法論とに分けるポイントは何でしょうか?
 
それはまさに「イライラの本質にアプローチする」という点です。
 
本質とはつまり、重要な部分、確たる部分、外せない部分、これさえ捉えておけば良いという部分のことです。
 
これについては説明すると少し長くなるので、下記まとめ記事の中で、別の記事で紹介します。
 
しかし、イライラの本質部分にアプローチしなければイライラを解消できないのは至極当然です。
 

まとめ

以上、本記事では何故イライラを解消できないのか、従来の方法論に隠れた落とし穴とは何か、について解説しました。
 
中には心当たりがあるような要素もあったのではないでしょうか?
 
そうであったならこの記事は「イライラは本当は簡単に解消できるんだ!?」という朗報になったのではないでしょうか?
 
是非何度もご覧になって理解を深めていただければと思います。
 

イライラの解消完全マップ【全てが分かる本質記事+α記事】

イライラの解消について、基本的なことから応用的なことまで網羅的に学びたい人向けのページです。この記事では正しく確実な方法でイライラを簡単に解消する上で重要な知識を体系立ててまとめています。イライラから解放されたい人は順番に1つずつご覧ください。

コメント